金運上がる財布の選び方

赤(ワインレッド)の財布を持つと金運が上がる?意味と効果を解説

赤、中でもワインレッドの財布には、持つことで金運が上がる意味があります。
真っ赤は情熱的な色とされているので、決断や行動には最適ですが、金運面は使い過ぎに注意となります。
お金すら燃やし尽くす情熱をイメージすると、何故この色が向かないのか分かるはずです。
その点、ワインレッドは貯蓄面の運気に期待できる、茶色が入っていることで性質が違ってきます。
浪費癖がある人は、茶色が濃い目の財布を持つのが良いとされますから、茶色にはお金に関する良い効果があるといえるでしょう。
赤と茶色の性質を持つワインレッドは、情熱と安定を兼ね備えた、バランスの良い絶妙な色です。
お金の運気上昇は茶色一色の財布ほどではないものの、それに次ぐ金運のアップに期待が持てます。
適度に色のインパクトがありますし、同時に大人らしい色気のある印象も与えられます。
メラメラと燃える理知的で情熱的な魅力を秘めますから、決断や判断力、行動力を損ねずに金運をあげたいのであれば、迷うことなくワインレッドが狙い目です。
自立心を促す効果もあるといわれているので、浪費癖を改善したい人にも向いています。
過去に赤色の財布で失敗した経験がある人も、ワインレッドならお金の使い過ぎを見直したり、意味のあるお金の使い方ができるようになるでしょう。
赤色は炎を連想させることから、紙幣を入れる財布には不向きといわれてきました。
確かに、行動力が増したりアグレッシブさは手に入りますが、その分失うものも大きいです。
一見すると、仕事や投資に情熱を燃やすことで、お金はどんどん増えていく気にさせます。
ところがアグレッシブさが上回ってしまい、大切なお金も燃やし尽くすかのように、使ってしまう結果に至ります。
理性があってお金の使い方に慎重な人なら心配はないでしょうが、本能や直感で生きている人だと、貯めたり増やすよりも使うことに積極的になってしまいます。
勿論、増えるのを待つだけでは財産は微増に留まりますが、無闇やたらにお金を浪費すれば良いというわけでもないです。
ようするにバランスが重要で、金運アップをして上手くお金を活用して増やしたいなら、バランスが取れる茶色を加えるのが良いことになります。
茶色はベージュを上回る金運をもたらすとされていて、仕事や健康も良い方向に導くといわれています。
嬉しいことに恋愛運も上向きにさせてくれますが、落ち込んでいる運気を一転して大幅に変えるほどの力はないです。
その為、運気を上昇させる効果が優れる赤と組み合わせると、狙い通りの効果に期待できます。
それこそがまさにワインレッドで、燃やし尽くす心配のない、絶妙にメラメラとした運気上昇が手に入る財布となります。
実感は人によりますが、他の色から替えてみることで、運気の変化を楽しむことができるでしょう。
注意点を挙げるとしたら、色のバランスを見ながら情熱側に偏り過ぎない色を選ぶことです。
茶色が強めだと情熱は落ち着いてしまいますし、逆であればお金を使い過ぎたり浪費する恐れが強まります。
だからこそ何よりバランスが大事で、選び方1つで運気が大きく左右されることもあるわけです。
これまで地味な色ばかり選んできた人だと、インパクトの強い色に抵抗感を覚えると思われます。
恥ずかしい、あるいは似合わないなど理由をつけることはできますが、思い切って選んでみると新しい道がひらけます。
原色系は特定の効果が強いので、使いこなしが難しく上級者向けです。
しかし、ワインレッドは2色を組み合わせたタイプなので、中級者や初心者でも使いこなせます。
純粋におしゃれな色ですし、ファッションのコーディネートでも楽しめますから、運気の上昇を望んだり興味を持ったら一度試してみるのが良いでしょう。