金運上がる財布の選び方

青(紺、ネイビー)の財布を持つと金運が上がる?意味と効果を解説

金運をアップさせたいと考えらている人は少なくありません。お金はやっぱり大事ですが、金運は幸福感とも関係しています。しかし、金運のアップはどのようにしたらできるのか知らないという人は少なくないものです。そんな金運アップの方策を探している人は財布にこだわってみると良いでしょう。例えば、青色やネイビー色の財布を持つと、運気がアップすると言われています。青色は落ち着きがあって、何となく運が高まりそうな印象が強いですが、青色が運気アップに繋がるのは風水に関係するのです。
まず、風水ではブルーは2通りの区別がされています。ネイビー等の濃い系の色は、堅実感があって不動の意味があるので、ネイビーのウォレットを持てば運気アップにも繋がるもの。ネイビー=お金が動かない=貯金することができる、というわけ。このような意味以外にも、ネイビーは多様な解釈がなされる色であることも特徴。ネイビーは他にも落ち着きなどを意味するので、落ち着きが求められるビジネスマンなどにもおすすめです。ネイビーの財布をもっているビジネスマンが多いのはこうした背景もあるのかもしれません。いずれにせよ、ネイビーはスーツとも良くあいますし、ネイビーのスーツと合わせれば更に効果を高めることができるはず。ただ、ネイビーは少し暗い印象を与えることもありますから、なるべく少し明るい印象の小物などを忍ばせるようにすると運気的にも良いでしょう。例えば、赤色のペンを持つといったようにです。工夫することでよりうまくコーディネートできるようにもなります。
このネイビー以外にも知っておきたいのがパステル系の色です。パステルはネイビーよりも遥かに淡いブルーですが、パステルは開放感や明るさに関係してきます。これも金運を上げるのにうってつけな色です。パステルの服などを着れば明るさもまして、よりお金も寄り付いてくることでしょう。
このように、風水と絡めてウォレット等を選ぶこともおすすめです。こうすることでよりお金を貯めることもしやすくなることも。風水の力は決して馬鹿にしてよいものではありません。
ちなみに、ブルーは水を連想させることから、「お金が水のように溢れてしまう」といった危険性もあります。このことから、ブルーは運勢に悪いとも言われることも。欧米ではブルーは忌避されることもある色です。逆に、「水のようにお金が湧いてくる」といった印象があるのです。言ってみれば多様な解釈ができるのがブルーであり、心構え一つでどのようにも活かせる色といっても良いかもしれません。
どのような色を用いればわからない、といった場合には色々な財布を使い分けることもあり。ネイビーだけでなくパステルの財布を日によって使い分けて、その効果の程を確かめてみるとよりよいでしょう。風水は人によって合う色、合わない色があるので、自分にがっしりくるカラーリングを早めに見つけておくことをおすすめしておきます。
専門店に依頼してどのようなカラーリングが最適化を知ることも大事です。風水の専門家に聞けば持っておくべき小物などもわかるもの。こうした相談は簡単にできますし、電話やネットで気軽に相談できるサービスなどもあります。少しの費用で一生ものの知識が身につくのですから、利用しておかない手はないといっても過言ではありません。最後に、まじないの効果も無制限ではないです。やはりどんなに相性が良いアイテムを持っていても、無駄に浪費しているとせっかく貯まるものも貯まらないもの。そのため、適度に自制するなどして、お金は節約していく必要性がありますし、こうした心構えが風水と同じくらい大切だっかりすることも。