金運上がる財布の選び方

財布で金運上げるならクレジットカードに気をつけろ!

財布はお金をしまうだけでなく、各種カードを入れておくポケットもあります。そこに何も考えずクレジットカードを入れている人もいるでしょうが金運を上げたいならば、そのことを見直してみましょう。実は金運が上げたいなら、財布に入れないほうが良いとされています。その理由には、現金と違い使うばかりで入ってくることがないアイテムなのでお金が貯まらないから、そしてお金とは異なる素材なので相性が悪いといったことが挙げられます。それに支払いが後になりますから、借金をしているのと同じようなものです。蓄財したいと願うならば、借金はできるだけ避けなければいけません。ということなので、風水的には別のケースに入れて持ち歩くほうが良いでしょう。

とはいえ、収納するスペースがあることですし、使うときに別のところから取り出すのは大変です。不便さを感じるようであれば、普通に財布に入れたほうが楽であることは事実です。ならば無理に財布からは取り出すことはありません。その際に気を付けなければいけないことはまず枚数です。スーパーのポイントを貯めたり、預金を引き出すためにいろいろなカードを持ち歩く人は珍しくありませんが、多すぎると感じるくらいの枚数になるのは駄目です。複数枚を重ねるとプラスチックですからかなりの厚みになって、財布に余裕がなくなってしまいます。余裕がないというのは風水的にも運を呼び込まなくなってしまいます。そういう事を気にするならば、本当に使うものだけを持ち歩くようにしましょう。原則として1つのポケットには1枚になるよう調整しなければいけません。どんなに整理しても枚数が多くなるときには、あらためてケースの使用を考えてみましょう。

使うものを選ぶときには、どこで発行されたものかを一つの基準とすれば判断がしやすくなります。消費者金融で発行しているものは、風水では借金をしやすく運を下げるアイテムになります。ですから、デパートなど貸金業とは違った業界の会社が発行したものをできるだけ選んだほうが良いです。あとはカードのデザインで縁起が良い動物や神様などが使われているものもあります。そういうデザインは、持っているだけで運気を呼び込むので持ち歩くものに加えましょう。

複数枚を持ち歩くときには、一番金運を上げる持ち方としては8枚にするのが理想的です。とはいえ、その枚数は平均よりもかなり多いので、現実的なことを言えば偶数となるように気をつければ十分です。たとえ2枚でも、ある程度は効果が期待できます。

複数枚を持ち歩く時にはポケットにどう入れるのかでは、ランクが上位のものほど上に来るように並べていきます。つまりが一般カードが一番下になるようにして、そこからゴールドやプラチナという順番になります。同じランクであれば、格上になるものを上にしておくと良いでしょう。

そして、入れる向きについてはポケットに対して逆さまにしたり、裏表が逆になるような入れ方はしてはいけません。必ず正面を向くように揃えておきます。あと支払いに使ったあとに元の場所に戻しておくのが面倒だからと、カバンに入れて後から収納するというのも、お金を放り出すのと同じですから良くないことです。順番や向きを気を付けて、かならず定位置に入れておくことを心がけます。

あと金運を呼び込むということであれば、クレジットカードは革製の財布にいれるべきです。内側が黄色や金色になっているならば、お金を貯め込みことを意味するのでさらに金運が上がりやすくなります。逆に外側側が黄色・金色だとお金がでていくので金運が下がってしまいます。見た目の派手さが好きな人は結構いますが、効果が薄れるのでやめた方が良いです。