金運上がる財布の選び方

財布で金運上げるための色の選び方!各色の効果をまとめてみた

ネット上では、風水などの占い分野を中心に財布を持っているだけで金運アップを目指せるという情報が飛び交っています。
情報をまとめてみると、金運アップで重要視されているのが財布の色です。
日本でも人気がある風水は、自分の環境を整えて運気を呼び込むマニュアルのようなものです。
運は後天的に得るものだという考え方なので、実践して運を呼び込みます。
約5000年前に中国で誕生した風水は、国づくりや街づくりのために使われてきた歴史があります。
風水が日本に伝わったのは推古天皇の時代で、日本の都づくりにも活かされるようになります。
日本に根付いた風水は、陰陽道という形で浸透します。
江戸時代に封印されてしまった風水ですが、現在は復活して多くの人に親しまれています。
財布は金銭を出し入れするツールで、毎日の生活に欠かせないものです。
生活に密接にかかわっているため、財布は風水から見ても重要なアイテムになります。
金運アップを望んでいる場合は、財布の新調が第一歩です。
効率よく金運を上げていくためには、まず財布の色選びから始めます。
色はエネルギーを持っているので、その色を持ち歩くとエネルギーの影響を受けます。
自分と相性の良いカラーを取り入れれば、金運アップが期待できます。
お金を貯めたいという願望がある場合は、派手ではない落ち着いた黄色を選択します。
昇給を望んでいる場合は、グリーンが適しています。
グリーンは才能だけでなく健康運を高めるカラーで、才能が花開いて仕事で成功するようにサポートしてくれます。
仕事が上手くいけば昇給の可能性もあり、金運アップにつながります。
リッチな友達を増やすのもリッチになる方法のひとつです。
リッチな人との仲良くなれば、さらにリッチになる情報や縁に恵まれやすくなります。
リッチな人との縁を広げる色といえばピンクです。
ピンクは昔から開運カラーのひとつで、人を引き寄せるパワーがあります。
恋愛運アップにも効果を発揮するカラーで、玉の輿も狙えます。
無駄遣いばかりしてお金が貯まらないと嘆いている人には、ブラックも選択肢のひとつです。
ブラックには物を守るパワーがあり、お金の力を封じ込めて無駄を防ぎます。
日本では株やFX、金など様々な方法で資産運用を行う人が増えています。
資産運用で成果を得たい場合は、クリームイエローがサポートします。
社会人になると独身でも出費が増えますが、想定外の出費を避けたい場合はホワイトを選びます。
ホワイトには負のエネルギーを断ち切るパワーがあります。
汚れてしまうとパワーが弱くなるので、小まめに手入れをして美しい状態を保つようにします。
宝くじを当てたいなど一獲千金を夢見る人は多いですが、コツコツ資金を貯めたい場合はブラウンが適しています。
ブラウンは大地のカラーで、安定度では他のどのカラーよりも上です。
現在の資産状況に満足していて、このまま現状を維持していきたいならブラウンを選択します。
カラーが決まったら購入する日にもこだわり、パワーが最強になる日を選びます。
天赦日は1年に数回しかない最上の吉日で、一粒万倍日は何かをスタートさせるのに適しています。
天赦日と一粒万倍日が合わさる日が、最強パワーの日となります。
寅の日も縁起の良い日なので、商品の購入に適しています。
月に数回訪れる吉日で、宝くじを購入するにも札入れや小銭入れを新調するのにも適した日です。
執着して心配や不安などネガティブが感情が生まれると逆効果なので、気に入った商品を購入したらリッチな生活が普通の状態であるかのように振舞い不安を捨てて楽しく過ごします。
日本人は男女を問わず繊細で心配しすぎの人が多いです。
陽気なラテン系の人々を見習って気楽に生きると、良いエネルギーが引き寄せられ運気アップにつながります。