金運上がる財布の選び方

カーキーの財布を持つと金運が上がる?意味と効果を解説

財布を色で選ぶ人も多いですが、その色はさまざまな運気と関係しています。例えばピンク色の場合には恋愛運、黄色の場合には金運などとよいうように、運気が上がる色として覚えている人は多いことでしょう。色によりさまざまな風水的な意味があり、身につけるものにその色を取り入れることによって、持ち主の運気を上げることが期待できます。
風水としてカーキー色が持つ役割としては、森林や自然が持っている癒しの効果が期待でき、気持ちを穏やかにさせてくれるといえるでしょう。調和や信頼、協調などの意味があり、自分の意見を相手に正しく伝えたいと考える場合には、カーキーや緑色のものを持つとしっかりと伝わりやすいとも言われています。そのほかにも才能をアップさせるなどの効果も期待できます。
金運が上昇することで有名な色として黄色や金色などがあげられますが、お金持ちの人がこれらの色の財布を持っているのかというとそういうわけではありません。実際にはカーキーをはじめとした緑の財布を利用している人が多くなっています。なぜカーキー色だとお金がたまりやすいのかというと、癒しの効果を高める以外に、安定と調和などの意味を持っているからです。節約をしてお金を増やしたい、こつこつ努力して成功したいという人には非常に向いている色といわれていて、この色をもつことによって安定した気持ちでお金の管理をすることにもつながります。またお金の管理ができるということは、衝動買いを避けたり、無駄遣いを減らすことを意味しているとも言えるでしょう。お金を大切に扱うことができるようになるので、その結果として、自分の持っている財産が増えるようにと導くパワーがあるのです。このようなことから、お金を管理することが苦手な人にとっても、おすすめの色であることがわかるでしょう。これから生活力をあげて貯金を増やしていきたい、節約したいという人には非常にお勧めの色です。
カーキー色の財布自体にお金を増やす効果があるわけではないのですが、金運が上がるといわれていることには様々な理由があります。その一つがお金を呼び戻す力が存在するといわれているからです。カーキーをはじめとした緑色には、育てるパワーがあります。これは使ったお金を戻すわけではなく、じわじわと戻ってくるという意味が込められています。一獲千金が期待できるわけではないのですが、コツコツじわじわとたまっていきやすいと言えるでしょう。また気持ちを安定させるパワーもあり、持ち主を冷静な気持ちにさせるので、衝動買いを抑えたり、計画的にお金を使いたいという気持ちを与えるようになります。持ち主を成長させる力があるので、お金の面だけではなく、仕事などにおいても成長させることが期待できます。このようなことから成功に導き、これが金運アップにつながるというわけです。
お金がないからといって、お金がないと何度も口にしていると、本当に運気は下がっていくともいわれています。これはお金の心配をしていると常に不安で心配がつきまとい、ネガティブな気持ちでいっぱいの状態になってしまいます。このような状態では、金運が逃げてしまい、さらなる悪循環を生みだすことにもなるでしょう。金運がある人は、お金に対し前向きなイメージを持っている人が多く見られます。このような気持ちを持つことで、更なる運を呼び込んでいるということです。
財布を持つ際に長財布と二つ折りのどちらがよいのか悩む人もいるかもしれませんが、運気を高めるためには、長いタイプがよいと言われています。それはお金に折り目がつかないように、お金を大切に扱って、新しいお金を呼び込むためです。しかし長いタイプを使えばよいというわけではなく、中を常にきれいな状態にしておくことも求められます。