金運上がる財布の選び方

財布と小銭入れを分けると金運アップ!理由とやり方を解説

財布と小銭入れを分けることで金運がアップします。この理由はいろいろな説明があるかもしれませんが、良く言われているのは風水によるものです。紙幣は風水上は木に属している一方、硬貨は金に属します。木と金は互いに相性が良くないため、両方をまとめているとどうしても金運がアップしないというのがその理由です。
また、紙幣にせよ硬貨にせよ、お金にとって心地の良い環境を作ってあげるという意味もあります。紙幣と硬貨を一緒に入れていると、普通はどうしても紙幣は折り曲げなければならないでしょう。硬貨も、さほど十分なスペースも確保しづらいところに押し込むことが多くなります。これはお金にとって心地良い環境ではありません。環境が良くないと、早々にそんなところから出て行きたくなるのは人間もお金も同じと考えます。つまり、入ってきたお金もまたすぐに出て行ってしまい、なかなかお金が貯まらないということになるわけです。
ということで財布と小銭入れを分けるのが金運面では良いわけですが、当然ながら2つを別々に持つ必要が生じます。この際、できれば長財布にしましょう。つまり、紙幣を折り曲げずにそのまま入れられるようにするわけです。伸び伸びと落ち着ける環境を作ってあげることで、紙幣は自然とそこに留まるようになります。小銭入れに関しても、一室だけのものではなくせめて最低2室はあるものを使い、例えば五百円玉と百円玉は一つにまとめて入れるようにして、それ以外の硬貨と分けておくようにすれば見やすく使いやすいですし、おそらくお金にとっても居心地が良いに違いありません。
ただ、2つを分けて持つことは、慣れない人にとってはそれなりのハードルがあるかもしれません。まず2つを買わないといけませんし、バッグの中に2つを入れておく必要も生じます。支払いの際に面倒だと感じることもあるでしょう。ですが、これはある意味で慣れに過ぎません。2つに分けられていても、それぞれがきちんと整理整頓されていて、どこにどの金額のお金があるのかが初めから明確に分かっていれば、1つにまとまっていてもごちゃごちゃしていてどこに何があるのか分からない場合よりもスムーズに支払いができるというのは別に不思議なことではないからです。
なお、これは財布と小銭入れを2つに分ける場合だけに限りませんが、お金に取って居心地の良い環境を作るという観点から注意すべき事柄として、お金以外のものを一緒に入れることはなるべく控えるということが挙げられます。よくあるパターンが、いろいろなお店のポイントカードとか会員カード、お店で受け取ったレシートとかクーポン券などが雑多に押し込まれているというようなケースです。こんな雑多な環境がお金にとって居心地が良いはずがありません。お店で商品を購入した際にレシートを受け取るのは致し方ないでしょうが、帰宅すれば早々に整理しておくべきです。ポイントカードなども必要最小限にするか、それが無理な人は別途カードケースを持ってそこに入れるようにしたほうが良いでしょう。これはクレジットカードなどについても当てはまります。多くの財布はカード入れも付帯していることでしょうが、入れるのはせいぜい所定の枚数までとし、2枚以上のカードを一緒にまとめて押し込むとか、紙幣が入るスペースにカードを入れるなどは避けるべきです。小銭入れについても似たようなことは言えます。まるで何かの小物入れか何かのようにいろいろな物を入れている人もいたりしますが、これも好ましくありません。紙幣であれ硬貨であれ、同種のものだけで静かに過ごせるような環境を作ってあげれば、自然とそこに留まるようになるはずです。