金運上がる財布の選び方

クリーム色の財布を持つと金運が上がる?意味と効果を解説

クリーム色は金と水の要素で成り立っていると捉えられる色で、格の高さを表すことで知られています。
財布などの形で身につけると、持ち主の運気が引き上げられますから、かなり魅力的な色だといえるでしょう。
例えば、実際よりも格上に見えることで、尊敬を集めたり信頼が増すといった効果に期待できます。
別名財を呼ぶ色ともされていますから、金運のアップや財産の増加に期待したくなるものです。
財布の色として考えると、性質的には黄色に近いので、収入が増えても支出も増えますから、貯まるようで貯まらないです。
勿論、収入を上手く使えば財産が増える余地もありますから、必ずしも持ち主を金運的に引き下げる色ではないです。
金のみならまさに財を成す性質ですが、そこに水の要素が加わることで性質が変化しているわけです。
水は流れるものですから、お金に当てはめると流れ出る意味になります。
その為、水の要素は避けたいところですが、金が収入を増やし流出を抑えてくれるので、あまり心配はいらないといえます。
金運的にクリーム色は、楽しく使うことのできるお金が増す色とされます。
つまり、少なくとも財布によってもたらされる収入には、楽しく使うだけの余裕がついてきます。
支出に支出が嵩み、収入が増えてもお金の流れに振り回される、そのような恐れはないでしょう。
金と水は、交わり合わさると収入をもたらす性質になります。
結果的に金運は上がりますし、しかもお金についている良くない気が抑えられるので、実はそれほどお金が出ていくわけではないです。
黄色が強いクリーム色の財布は、金運が強い分だけ振り回されやすく、収入の増加に見とれて支出の増加に気づかない恐れがあります。
しかし、黄色の薄いクリーム色はバランスが良いので、黄色のようにお金が出ていく心配は無用です。
現在のお金に関する運気がどん底で、どん底から一気に上昇を狙いたいのであれば、他の色を選んだ方が良いでしょう。
クリーム色に劇的な効果はありませんから、状況を一変させる効果を望む色としては、財布にとって荷が重いはずです。
控えめな黄色が魅力的に見える、そういうバランスの色を選ぶのがポイントです。
金運はそこそこで悪くなく、収入には困っていないもののもう少し増えたら嬉しい、こういった状況にある人に最適な色です。
生活に余裕が生まれたり、自由に使えるお金が少し増すなど、細やかな幸せを感じられる可能性が高まります。
余裕ができた分は、交遊費や娯楽に使うことが可能となりますから、何気ない日常が充実します。
ただし、汚れて色が違って見えるようになると、運気が低下したり効果が得られなくなるので、定期的にお手入れすることが大事です。
多少の汚れ程度で違って見えない色なら、少し汚れても変化は小さいですが、クリーム色は案外繊細なので常に綺麗に保つ必要があります。
汚れが目立ちやすいという意味でも、やはり綺麗好きな人に向いていますし、お手入れを欠かさなければ財布も喜び、運気のアップをもたらしてくれるでしょう。
一般に女性向きのイメージの色ですが、男性が身につけても違和感はなく、綺麗に使いこなせば美しく見えます。
楽しく使えるお金が増える色なので、交友関係が充実したり、プライベートの楽しみも増すことになると考えられます。
意外かもしれませんが、ピンク色と組み合わせると運気は更に上がり、お金がもっと入ってくるようになります。
加えて恋愛の運気も上がりますから、お金も恋も上手くいけば一石二鳥です。
効果は女性に限られますが、ピンク色は女運を上げる色ですから、組み合わせたりワンポイントで用いればより良い未来がひらけます。
大切なのは色の選び方と使い方ですが、活用次第で効果を最大限に引き出せますし、直接的な効果のない効果も間接的に得られたりします。