金運上がる財布の選び方

キャメルの財布を持つと金運が上がる?意味と効果を解説

古くなってきた財布を買い換えたいと考えている人もいるかもしれません。さまざまな種類のものがありますが、せっかく買い替えるなら金運の上がるものを選ぶと良いでしょう。風水にはあまり詳しくないという人もいるかもしれませんが、ちょっとしたことに気を付けるだけでお金が貯まりやすくなるのです。一般的に金運が上がる色としては金色や黄色などが有名です。お金を連想させるカラーですし、すぐに思いつく人が多いでしょう。また、大人っぽくてお洒落なキャメルにも運勢を上げる効果があると言われています。どのような色かよく分からないという人もいるかもしれませんが、日本語ではラクダ色と呼ばれることもあります。この色の財布もたくさん売られていますし、お店で見かけることが多いでしょう。ベージュや肌色と似た色ですし、どのような違いがあるのか気になるかもしれません。しかし、明度や彩度を比較することで違いが分かります。キャメルはベージュよりも暗い色であり、ベージュは肌色に近い明るい色のことを言います。この色は風水的には土に属する色であり、お金に関する運勢を安定させると言われています。また、ラクダは砂漠で荷物を運ぶ動物であり、昔は水だけでなく財宝なども運んでいたということです。そのような理由があるため、この色はお金を運んできそうな色であると言えるでしょう。一口にキャメルといっても黄色に近い色と茶色に近い色があります。黄色に近い色だと楽しみに関する運気が強まりますし、茶色に近い色だと貯金の運気が強まります。さらに、革の財布であればお金を積み上げることができますし、縁起の良いものになるのです。この色にはお金に関する運勢を高める効果がありますが、デメリットもあると知っておきましょう。まずは金色や黄色と比べ、金運を呼び込むパワーは低いと言われています。また、連鎖反応を起こすこともあります。良い時は良いですが、悪い時は悪いですし、周りの影響を受けやすいことやアップダウンが激しいといったデメリットも挙げられます。キャメルには金運を上げるパワーがあるため、お金を貯めたいならキャメルの財布を選ぶのがおすすめです。土の気の安定感が収入の安定をもたらしてくれますし、土の気の蓄える性質が作用することで貯蓄が増えるということです。この色にはリラックス効果があるため、お金にも居心地が良いと言えるでしょう。注意点としては貯めることばかり考えないようにするということです。貯めることに夢中になってしまった場合、逆に運勢を下げてしまうこともあるので注意が必要です。貯金というのはお金の流れを堰き止めるものですし、貯金をすると色のパワーを消費します。そして、そのパワーが消えると一気にお金が出て行ってしまうということも考えられます。水をたっぷり含んだ土砂が崩れやすいのと同じであり、節約のし過ぎには注意が必要です。貯金は大切ですが、ある程度お金を使うことで安定した金運を手に入れることができるでしょう。土はどっしりとした安定感と命を育む力を持っています。その土の気を持つ色は金運だけでなく仕事運や健康運、恋愛運などを上げる効果もあると言われています。全ての運気を上げてくれるため、運気が悪いと感じている人にはキャメルの財布がおすすめです。また、この色には衝動買いや余計な出費を減らすという効果もあります。心を落ち着かせてリラックスさせるという効果もあるため、小物だけでなくインテリアにもよく使われるでしょう。このように心理的な効果も期待できるため、浪費を減らして貯金をしたいという人はもちろん、包容力のある人だと思われたいという人にもこの色の財布がおすすめです。