金運上がる財布の選び方

緑の財布を持つと金運が上がる?意味と効果を解説

風水的には緑の財布を持つと金運が上がると言われているのですが、その意味と効果について詳しく理解している人は少ないです。緑は自然と調和する色で、人間にとって非常に身近な色と言えます。癒しの効果やリラックス効果はもちろん、金運の面でもメリットがあります。色がない部屋には観葉植物を置いたほうが良いと言われますが、観葉植物のグリーンは生活にうるおいを与える効果があり、生活に潤いを与えます。風水において緑と言う色は成長や繁栄を意味することが多いです。成長は人間にとって欠かせないものです。身体的、精神的な成長はもちろんですが、会社や仕事面での成長なども意味しています。ビジネスで成長することができれば、結果的に手元にお金がたくさん入ってきますし、金運が上がるという結果になります。繁栄も同じような意味があり、会社の事業が成功したり、売り上げが伸びるということを期待することが可能です。緑には癒しやリラックスといった意味があるほか、黄色と青が持つ効果も合わせ持っているので、非常に優れた色であることが分かります。黄色は言わずと知れた金運を上げる色であり、青はお金の流れがよくなる色です。この二つの要素を併せ持っているので、金運を大きくアップさせることが可能です。一気に大金を稼ぐと言うよりは、地道にコツコツとお金をためていくタイプの人と相性が良いです。ギャンブルで大勝を狙いたい、新しい仕事で大金を稼ぎたいと思っている人にはあまり向いているとは言えません。どちらかというと毎月数万円貯金をしていくタイプの人や、ローリスクで利益を出していくのが好きな人に向いています。リスクマネージメントが得意で、少ない利益でも根気強く継続していくことができるという人は、緑の財布を持つことで自分の能力や性格をフルに活用できます。緑にはほかにもお金に関係する効果がたくさんあります。まずは出て行ったお金が戻って来ると言う点です。通常であればお金は使えば戻ってこないですが、回りまわって自分のところにお金が戻ってくるということは十分考えられます。今出ていくお金はそのまま無くなるのではなく、将来に向けての投資や準備と考えると良いです。将来の自分にかえってくると思えば、お金を使うことへの罪悪感や抵抗なども減っていきます。もちろん使いすぎはよくないですが、一定の支出はやむを得ないものと考えると良いです。そのほうがメンタル的にも良い方向に働きますし、仕事へのモチベーションにもつながります。ほかにも堅実な姿勢でいるとお金がたまりやすいという特徴もあります。ギャンブルが好きな人や、勝負師の人には理解できない考え方かもしれませんが、堅実にお金を稼いでいくことで確実にお金を残すことが出来ます。うさぎと亀の競争のように、一定のペースを守って着実に歩みを進めたほうが勝負に勝つことがあります。爆発的にお金を稼ぐ能力を持っているとしても、稼ぐことが出来る時期と、まったく稼げない時期があると最終的には手元にお金が残っていないということも考えられます。さらに心を安定させる効果もあるので、色々なことに悩んで心を乱すことが無くなります。今の時代は色々と不安なことがあります。お金のことはもちろんですが、健康や安全など色々と気にしなくてはいけないことが多いです。そんな時代にグリーンという色は安らぎをもたらしてくれます。グリーンの財布を身につけることで心が安定しますし、精神的に落ち込むことも無くなります。ここが落ち着くと無駄な買い物をしなくなり、浪費癖がある人は改善が見られることもあります。結果的にお金が手元に残りやすくなり、お金がたまっていきます。