金運上がる財布の選び方

財布で金運を上げるなら長財布!理由と財布の使い方を解説

お金は生活をしていくうではなくてはならない存在ですが、同じような収入を得ていても、貯金をしっかりしている人もあれば、収入以上に出費が発生している人もいますし、借金を作ってしまう人も少なくありません。
金運をアップさせるためには、お金の使い方も見直していきたいところですが、お金を入れるための財布も適当に選んでいるという人も多いのではないでしょうか。財布もコンパクトなタイプから、お札を折らずに入れられるタイプまで実に豊富な種類が用意されています。
同じ持つのであれば、やはり金運を上昇させてくれるタイプを選びたいところです。少しでも運気をアップさせるなら、長財布を選ぶことがおすすめです。その理由としては、お札を折らずに収納できるということがあげられます。お札を折らないことでお金を大切にしたいという意識が芽生えやすくなりますし、お財布の中でお金が伸び伸びできるのも金運アップにつんあがるといわれています。
長財布の良いところは、収納力が優れているということもあげられます。お札はもちろん、カード類や小銭などお金に関するものは一通り収納できるようになっていますし、持っているお金がいくらなのかを把握しやすくなりますので、無駄遣いが減る効果も期待できます。
そして、このタイプの財布の良いところはお金の出し入れがスムーズにできるということもあげられます。お金の出し入れがスムーズでないと、お金が持つ本来の力が弱めるともいわれていますので、そういった意味でも財布は良いといえます。とはいえ、古いレシートなどをいつまでも入れているとお金の出し入れがもたついてしまいますので、日頃から財布の中をきれいに整理しておくことも大事です。新しく買い替えたときは、使い始めも大事です。すぐに使用するのではなく、まずは新札を入れてしばらく寝かせておくと良いとされています。いつもこれぐらいは入っていてほしいと考える枚数の1万円札を入れておくことで、使い始めてからもお金が貯まりやすくなる効果が期待できます。そして、お札はどの向きに入れるのかでも悩むところですが、人物の顔を下向きに入れておくことで、お金が出ていきにくくなるともいわれています。お札の向きはバラバラに入れている人もありますが、そうなるとお金同士が向き合うので息苦しくなるともいわれているのでこちらも注意しましょう。お札を入れるときは、前後上下同じ向きに入れておくことがおすすめです。きちんと整理することで、残っている金額も把握しやすくなりますし、こまめに整理することで、お金を大切にする意識も高まります。お金はいろいろな人の手に触れていることもあり、きれいな状態のお札が手に入るときもあれば、ボロボロの物や破れたものを手にすることもあります。汚れたり破れたりしているお金は、あまり良くない運気を持っている可能性もありますので、気になる場合は銀行で新札に変えてもらうなど運気を上げる対策もしてみましょう。長財布を選ぶときは素材にもこだわりたいところです。安価なものではビニールや布製の物もありますが、金運をアップさせるのであれば、やはり安い素材よりも高級感があり、しっかりとしている革製がおすすめです。
色は好みで選ぶこともできますが、やはり金運を良くする色とそうでない色がありますので、色についてもよく考えて選んでいきたいところです。派手な赤色は赤字を連想させるのであまり良くないとされています。そして落ち着いた青系はお金が水のように流れるというイメージもあり、こちらもあまり良いとはいえません。黒は黒字を連想させますしオーソドックスなベージュや茶色、さらに緑色なども金運の上昇に良いとされている色です。