金運上がる財布の選び方

財布で金運を上げるなら財布を寝かせる!効果とやり方を解説

金運を上げたいと願うのはほとんどの方が当てはまる希望です。お金に余裕ができると、物理的な生活の向上が望めるだけでなく、心の余裕にもつながり精神面での安定も手に入れることができるからです。
ですからお金の魅力は人間にとってとても大きいです。お金を得るには一生懸命に働くことのほか投資などの方法があります。また現代では外に働きに出なくとも、オンライン上でお金を得るということもできます。いろいろな方法で人々はお金を稼ぎ生活のほか、様々な生活向上を得るために日々頑張っているのが現実です。
しかし、このようにお金を稼ぐということ以外にもお金を得ることができることもあるのです。宝くじに当たったり、思いがけずに相続を得るなど予定していなかった形で入ってくることもあるのです。また得たお金があまり出ていかない、例えばおごってもらうことが多くなった、プレゼントをよくもらうようになった、懸賞に当たったなどで、本来買うべきものが買わなく済んだということもあります。
こうした流れはお金のうん、つまり金運が良くなったということです。その金運というものを味方につけることでお金が自分のところに引き寄せられてい来るようになっていくのです。金運を自分につける方法としては様々なことがありますが、簡単に誰にでもできる方法として挙げられるのがお金を大切に寝かせるという方法です。
お金を寝かせるというのは、つまりお金を自分のもとになじませるということです。入ってきたお金をすぐに使うのではなく、お財布やきれいな布などで包むなどしてしっかりと休ませるのです。特にお財布を新調したときには、必ずお金をしばらく入れておくことでお金がしっかりとなじみお金が入ってくる環境が整うのです。特にこのような方法を実践している方たちの間でよくされているのが、お財布布団を使用することです。文字通り専用の小さな布団に入れて寝かせるのです。するとお財布の波動が整い、周波数が上昇することで運をぐんぐんと引き寄せるのです。
この金運を引き寄せる方法で気を付けるべき点は二つあります。まずはお金を入れるお財布の中はしっかりと常に整理しておくことです。不要なカードなどが入っていたり、レシートがたまっていたりしてはいけません。必要なものが美しく収納されていることが大前提です。またお札の入れ方にもポイントがあります。それは、すべてのお札の印刷の方向を一定方向に整えることです。歴史上の人物の顔が下になるように、そして開いたときに表が手前にくるように入れることが大切です。お金を呼び込むことができるおまじないです。家がきれいだと人間は気持ちがとても安定してそれが体調や行動を向上させます。それと同じようにお金にはお金の家(財布)がきれいだと心地よく、仲間を引き寄せやすくなるのです。そしてもう一つが寝かせすぎないということです。期間があまり短くてもなじむ前に出て行ってしまうことにつながりますが、ながすぎると循環しなくなってしまいます。適度に出ていき多く入ってくるのが理想です。ですから寝かせる期間としては2週間くらいがベストです。居心地が良い場所であるということを記憶させること、そして多くの仲間を呼び込めること、気持ちの良い出費がしやすいことなどの循環を良くしてくれるのです。
このように、少しの心がけや習慣を身に着けてしまえば、億劫なことにならずに自然にお金に好かれる体質になっていく、それが金運となり幸せな生活へとつながっていくことになります。人間が寝ることで負をリセットして、パワーを得ることができるように、お金もしっかりと寝かせることでリセットされてパワーをつけることができるのです。