金運上がる財布の選び方

財布で金運上げるためのお守りについて!効果や入れ方を紹介

財布はお金の家と言われるもので、金運を上げるためには欠かせないものです。お金がたまるお守りとセットにして使うと、さらに高い効果を発揮します。財布の中にお守りを入れるときの注意点を知っておくと、効果を100%発揮することができます。街を歩いている人を見ると、パンツの後ろのポケットに入れている人が多いですが、後ろのポケットには入れないほうが良いです。金運をアップさせたいのであれば、神様に失礼のある行為はしてはいけません。神様に対してお尻を向けるのは失礼ですし、そんなことをしていると幸運が訪れることはないです。常に綺麗にしておくことも忘れてはいけません。汚れたままにしておくと神様も近づいてくれないですし、大事な運気がどんどん逃げていきます。お守りを入れて金運をアップさせようと思うのであれば、パンツの後ろには入れないようにして、常に綺麗な状態を保つようにすることが大事です。紙幣を折らなくて良いので長財布を使っている人もいますが、これは確かに効果的です。ここにお守りもプラスすれば金運はさらに上昇していきます。金運アップに関係があるお守りを入れるのは効果的ですが、入れないほうが良いものもたくさんあるので、間違えて入れないようにしなくてはいけません。レシートや領収書をたくさん入れてしまうと肝心のお金が入るスペースが無くなってしまい、運気も下げると言われています。お金に困っているという人の財布を見ると、レシートや領収書であふれていることがあります。ポイントカードやスタンプカードも場所を取ってしまいますし、運を逃がしてしまいます。今の時代はSuicaやパスモなどの交通系のカードを持ち歩いている人が多いですが、これもあまり良いことではないです。交通系のカードはお金にまつわる運気を外に出してしまうので、一緒に入れておかないほうが良いです。ビニールやパウチされたものは火と関係性が深く、お金の運を下げると言われています。車のシートを貼りっぱなしにしたり、カバーを付けたまま何かを使うのはあまり良いことではないです。特にお金が集まるような場所は余計なものを付けないほうが良いです。財布はお金の家なので、お金以外のものは基本的に入れるべきではないです。金運を上げてくれるお守りは良いですが、縁結びや子宝に恵まれるものなどは別のところに保管しておくべきです。お金と関係がない御守りはバッグやポーチなどにいれておくと運を逃すことがないです。お金を効率よくためたい、たくさんのお金が入ってきて欲しいと思うのであれば、お金に関する御守り以外は入れないようにして、常に財布を綺麗に保つようにします。中には余計なもの入れず、レシートや領収書はその日のうちに整理整頓すると良いです。ポイントカードやスタンプカード、交通系のカードは別に入れ物を用意しておくと完璧です。お金の家は常に整理しておくようにして、流れが悪くならないように気を付けなくてはいけません。良い運が流れてくるように、置く場所は西の方角が良いです。西からは良い気が流れてくると言われていて、邪魔になるようなものは置かないようにします。御守りは目線よりも高い場所に置いておくほうが良いと言われていて、棚の上などに置いておくのがおすすめです。黄色やゴールドの布下に敷いて、その上に御守りを置くことで運気を上げることが出来ます。お金をためたいのであれば、神様だと思って丁寧に扱うことが重要です。汚れてしまったらすぐに汚れを拭くようにして、床などに雑に置くのはやめるべきです。普段から運が逃げないように意識して使うことが一番重要です。丁寧に使えば必ず神様が微笑んでくれます。