金運上がる財布の選び方

財布で金運上げるならお札の向きが大事!入れ方や順番を解説

財布に入れるお札の入れ方や順番によって金運がアップするといわれていますが、お札を上向きに入れ、財布の内側に近い方に高額の紙幣、外側に近い方に低額紙幣を入れるとお金が貯まりやすくなります。お札の向きに関しては、肖像画のある方が上になっているのが上向きで、10000円場合は、福沢諭吉の頭を上にしなければなりません。上向きはお金を社会に循環させる意味があり、循環ということでお金が出ていきやすいのではないか感じるかもしれませんが、金は天下の回りものという言葉もあり、循環させることによって戻って来やすいと考えることができます。様々な人の手に渡りお金が戻ってきますが、上向きのお札と下向きのお札が混じった状態にならないよう注意する必要があります。人の手に渡ることで様々なエネルギーを抱えており、向きが揃っていない場合はエネルギーの流れが悪くなり、運気をアップさせることができません。向きを揃えることで、エネルギーや流れを整えることができます。エネルギーを整え運気をアップさせるためには、財布の状態にも気を配る必要があり、期間を決めて買い替えを行うとよいです。古い場合はお金のエネルギーによって消耗している可能性があるため、注意しなければなりません。お金は強いエネルギーを持ちますが、古いお金はネガティブなエネルギーを抱えている場合もあり、財布が吸い込んでいる場合は、運気がダウンする可能性があります。新しく購入した際は、なるべく早くお金を入れなくてはなりません。人が住み慣れた家のほうが安心してリラックスできるのと同じように、お金にとって心地のよい空間となるよう馴染みやすくすることが大切になります。扱い方にも注意する必要があり、パンツをはいた際後ろのポケットに財布を収納することは避ける必要があります。座る際お尻でお金を敷くことになり、粗末な扱い方になるため、収納する場所を変えなければなりません。向きだけではなく、表裏も揃えておく必要があり、全てのお札の顔が見えるよう揃えて入れます。揃えなければエネルギーの流れを整えることができません。順番に関しては、内側に高額紙幣を入れますが、低額紙幣で高額紙幣を守る形となり、低額紙幣を家臣と例えると、高額紙幣の殿様を守るような形となります。具体的には高額紙幣は10000円となるため、内側は10000円札で中央は5000円札、外側に1000円札となるよう入れるとよいでしょう。内側に10000円札を入れることで、福沢諭吉の頭を見ることができ、金運アップにつながります。お札については、財布同様定期的には新札に交換するとよいです。古いお札は、循環する際ネガティブエネルギーを受け取っている可能性があるため、気を付けなくてはなりません。新札が手に入らない場合は、折り目や皺をできる限り伸ばして入れるとよいですが、低温のアイロンを軽く当てて伸ばすと、折り目や皺を伸ばすことができます。新札の場合は、エネルギーの状態がよいため、運気をアップさせることが可能です。新札ということで喜びや感謝のエネルギーを付けることができ、新札を使用することで、喜びや感謝のエネルギーが付いたお金が戻ってくる循環を作ることができます。ショッピングを行いお釣りをお札で受け取った際、お札と共にレシートを入れることが多いですが、レシートを入れることは避けなければなりません。レシートは使用済みの過去のお金となり、必要のないものが入っていると、エネルギーの循環が悪くなるため取り出す必要があります。定期的に、必要のないクーポンやレシート等を取り出す習慣をつけると、よい状態を維持することができます。