金運上がる財布の選び方

ピンクの財布を持つと金運が上がる?意味と効果を解説

ピンクの財布を持つと金運が上がる?意味と効果を解説

ピンク色の財布は、単色だと金運アップの効果はそこそこですが、白と組み合わせると狙い通りの効果が期待できます。
単色で得られる効果としては、人間関係を良好にする方向性が中心で、例えば恋愛成就や結婚といったものです。
また、色の濃さで効果に違いが出てくる特徴もありますから、積極性を得たいなら濃いめのピンクが狙い目です。
積極性は赤に近い特性で、赤みが増していくと感情が高ぶり、情熱に関する運気が上昇していきます。
逆に、色が薄く淡くなっていけば、今度は癒やしや美容面の運気がアップすることになります。
基本的にこの色は女性的だったり、女性を思わせる色として運気を左右します。
女性にこの色を好む人が多いのは、無意識に自らの運気を上げようとする本能的なものだと考えられます。
嬉しいことに仕事運も良くなる色ですから、男性が選んで身につけても魅力的な効果が得られるでしょう。
肝心の金運ですが、白とセットで使うかピンクに白を加えて割合を増やしていくと、お金に関する運気が上向きになります。
ちなみに、水色やオレンジ色との組み合わせは、この色が持つ恋愛運を増幅させます。
このように様々な効果を持つ色ですが、恋愛に適しているといっても、復縁に限っては用いないのが得策です。
ピンクは少なからず感情を高ぶらせるので、感情的になりやすい場面や冷静さが求められる時には不向きです。
その為、パートナーと喧嘩をしてしまったり、復縁を望んでよりを戻したいなら、一時的に他の色の財布に持ち替えて使った方が良いでしょう。
パートナーを募集中、あるいはお付き合いが順調で喧嘩や不和の心配もないなら、前向きにこの色の財布を使用することができます。
人間関係が良い時は、その状態を促進させたり保つ効果を発揮するので、ビジネスパートナー相手に効果が現れるとしたら、間接的に金運が上がることにも繋がるでしょう。
健康面にも良い影響を与えますから、人間関係の運気と合わせて仕事が順調に進められたり、結果を出して収入が増えるなどの結果にも期待が持てます。
ピンク色がもたらす効果には、周りからチヤホヤされやすくなるものもあるので、実力で認められたい人には向かない色です。
しかしプライベート使いだと悪くないですし、将来の素敵なパートナーに出会える可能性が高まるので、金運以外にも期待したいなら財布を購入して持ち歩くのが賢明です。
間接的な金運の効果にはもう1つ、お金の運気が良好の人と出会い、特別な関係になれるというものもあります。
単色だと赤の影響が見え隠れするので、白を上手く使ってエネルギーのバランスを取ったり、金運の効果を引き上げるのがベストです。
一方、紫とは色が曖昧になるので相性が悪く、緑も組み合わせには適さない色とされます。
紫を組み合わせるとスピリチュアルな性質が強まり、お金に無頓着になってしまいます。
緑はお金の使い方に問題が生じて、必要性が低いものに出費してしまうなどのトラブルに発展します。
ブラウンは白と同様に相性が抜群ですし、金銭面で長く安定した運気を求めたいのであれば、白よりもこちらが最適です。
白は邪気を振り払いたい時、不運を避けたい場合などに向いています。
ピンクの財布は汚れが目立ちやすいので、効果を得たり持続させる為に、常に清潔な状態を維持することが大切です。
淡い色だと僅かな汚れも目立ちますから、気がついたらその場で直ぐに拭いて汚れを落としましょう。
財布は内側の色も運気に関係しているので、時々お金を外に出してお札入れや小銭入れを乾拭きしたり、埃を取り除くのが理想です。
昔の古いお守りやレシートの束が出てくるのはNGですから、運気が下がらないようこまめに掃除や整理して外も内も綺麗に保つことが、運気を引き出すポイントとなります。