金運上がる財布の選び方

財布で金運を上げるなら素材にこだわる!お勧め素材を紹介

財布で金運を上げるためには、素材も重要になります。
一般的な財布の寿命は3年ほどですが、丈夫な製品なら長く使えます。
買い替えるときに運気を上げるカラーを選ぶ人は多いですが、素材にも注目してみるとさらに金運アップが期待できます。
お勧めの素材のひとつが日本でもメジャーな牛革で、様々なタイプの小銭入れや札入れに使われています。
牛は昔から富の症状で、風水的にも縁起が良く上質な革ほどエネルギーが強くなります。
ナイロンや合成製品は革製品に比べるとエネルギーが弱いです。
牛革はキメが細かくて繊細なのに頑丈で、経年変化を楽しめます。
牛の部位や年齢により特性が変わりますが、繊維の密度にばらつきがなく厚みが均一です。
長く使っているうちに深みが出て、より表情が豊かになります。
牛革は牛の性別や年齢、加工する部位により6種類に分けられています。
それぞれの部位に特徴があり、肌触りなど好みで選択できます。
耐久性が強く型崩れしにくいのも牛革の特徴で、しっかりと丁寧なケアをすれば20年以上使えます。
豚は子どもをたくさん産むので、お金もたくさん産んでくれるというイメージから人気があります。
豚革は牛革に比べると地味ですが、財布をはじめバッグや小物にも使われています。
牛革よりも薄くて軽いのが特徴で、通気性と耐久性に優れます。
豚は国内での供給量が安定しているので、国産品でも比較的安く手に入ります。
日本産の豚革は海外でも高い評価を受け、様々なブランドで使われています。
素材が柔軟なので、好きなように加工ができます。
裏側を起毛した革は手触りが良く、特に人気があります。
飴色に仕上げた革には光沢があり、牛革の高級品と並ぶ美しさを誇ります。
生まれてから何度も脱皮するヘビも、金運を象徴する生き物です。
強い生命力の象徴でもあり、古くから金運パワーを持つと考えられています。
存在感のある独特の模様と肌触りが特徴で、ファッションアイテムにも重宝される素材です。
他の革製品に比べると柔軟性があって軽いので、幅広い年代の人に愛されています。
経年劣化により艶が増し、さらに深みのある色に変化します。
ヘビ革の染色方法は大きく分けて2種類あり、ひとつは天然の模様をそのまま活かします。
もうひとつは、天然の模様を脱色して別の色で染色する方法です。
ワニ革も財布の素材では根強い人気を誇っています。
ワニは獲物を見つけると一気に襲いかかり、一度噛みついたら放さない習性があります。
その習性から、お金をつかんだら放さない象徴とされています。
縁起がよく金運を上げると評判のワニ革ですが、商品によっては高額になります。
ワニ革は美しく強度があり、その希少性から革のダイヤモンドとも呼ばれます。
古い時代から高級品のひとつで、世界中のセレブに愛されています。
以前はかたい芯材を使った型崩れのないデザインが人気でしたが、近年では技術力が上がったため幅広いデザインの製品が流通しています。
ワニ革を加工するには、染色と仕上げを終えるまでに90日程度かかります。
最後の工程でシャイニングかマットに仕上げ、出荷されていきます。
シャイニングは摩擦をかけて磨き上げるので、宝石のような美しい艶が出ます。
マットの場合は完成したときは艶がありませんが、使っているうちに包まれていた油脂分が浮かんできて艶が出てきます。
金運アップが期待できる財布は種類が豊富ですが、お札をそのまま入れられる長財布に人気が集まっています。
牛革やワニ革、ヘビ革などを使った機能性の高いブランド製品は実店舗でもネットショップでも購入できます。
大小2種類のブランド製品を購入し、用途に合わせて上手に使い分けている人もいます。